国際事業

概念図

ワイアードの国際事業の特長

1.海外企業とのネットワーク

海外マーケットへの進出において重要課題の一つである、現地企業とのアライアンス提携。
私たちはヨーロッパ及び中国を始め、世界各国でクライアント様のニーズに沿ったアライアンスパートナーとの提携をサポートいたします。


また、私たちは各国のビジネススタイルを熟知し、多様な状況変化に迅速に対応することで、現地企業とのアライアンス提携後の取引交渉や支援、取引条件の策定、価格交渉、スケジューリングまで包括的にサポートすることが可能となり、クライアント様の管理コストを削減し、費用対効果の最大化を実現します。

2.海外市場マーケティング

海外では、その国々の特色により、日本で大きな注目を得ているものが必ずしも通じるとは限りません。


私たちは、海外ビジネスのエキスパートとして長年にわたり現地マーケティングを行い、各国のタイムリーな情報を収集する体制を整えており、ターゲットへのクライアント様の商材適合について分析・検証を行いうことが可能なため、海外へのマーケティング展開に迅速に対応できます。

3.海外ビジネス環境変化(法制度変更など)への対応

私たちは企業で一体となってプロジェクト活動をしており、世界中のプロジェクトで実際に起こるトラブルのケーススタディを徹底的に分析・検証し、そこで得るすべての知見を共有しています。


特に運輸については日本では規制されていても海外ではすでに規制緩和されている分野が多くあります。
そのため、海外で蓄積した規制緩和や民営化に関する知見を日本及び海外の事情に適用することができるため、各国の海外ビジネスにおける法制度変更などの環境変化にも柔軟に対応することが可能です。

貿易

現在、経済のグローバル化により、ビジネススキルを身につけた貿易のスペシャリストが求められています。
私たちは、海外企業との契約締結から輸出入に関する実務的なノウハウを有し、幅広い業界でトータル的にサポートすることが可能です。
また、諸外国の文化を理解し、海外ビジネスを成功させるために必要な要素を熟知することで、クライアント様の海外ビジネスを成功へと導きます。

海外進出支援

日本企業の海外進出は経営戦略の一環として注目される分野の一つですが、そこには文化の違いや言葉の問題に加えて企業設立に関わる煩雑な許認可手続き段階でのさまざまなトラブル、設備の調達関連業務、法律、税制、労務、厚生などの諸問題などの課題が存在します。
また、企業が海外進出を実行する場合、いかに早く生産・サービス体制が軌道に乗るかが最も重要な問題であり、そのためには現地の正確な情勢の把握に加え、既進出企業との効率的なアライアンス提携が目標達成への近道となります。


私たちは、海外事業において培ってきたノウハウを最大限に活用し、クライアント様の海外進出の第一歩を総合的にサポートすることにより、初期投資リスクを最大限に押さえ、海外進出後においても、クライアント様が課題を抱えているときに、最初に相談を持ちかけられるプライマリー・カウンセラーとして継続的なサポートを行っています。

インバウンド対策支援

現在このインバウンドビジネスが各旅行業界のみならず、日本経済全体に対して大きな期待がもたれています。
私たちは、このインバウンドビジネスのポイントは中国を中心とする全世界のアウトバンダーによる経済波及効果であると考え、日本の景気低迷の解決策ともなりうるこのインバウンドビジネスをワイアードの海外事業におけるノウハウとネットワーク及び国内における豊富な実績と経験を活用し、クライアント様の環境状況に応じた最適な提案を実施させていただきます。

お問い合わせ

事業に関するご質問やご相談は、メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちら